So-net無料ブログ作成
検索選択

思い出7「9才の時何があった?」 [思い出]

DSCF6308.JPG




「9歳の時何があった?」


9歳・・・

早生まれだから、小学校4年生だ・・


9歳、思い出一杯だ!

その中でも、なんと言っても忘れられないのは

担任のY先生。

目がギョロッとして、ちょっと見、怖そうな先生だったけど、

今でも同窓生の中では、Y先生のクラスが一番楽しかったね!

と話題になる。


初めて先生のクラスになった2日目だったかな。

なにやら忙しそうに何か作ってる

先生のそばをうろちょろしていたら怒られた。

「なんで、いつまでもそこにいるの。

忙しいから、離れてくれる?」


確かそんな言葉だったと思う。

初めての先生で、興味を持ってほしかったから

(興味を持ったからではない

興味を持ってほしかったのだ)

声をかけてもらいたくて側にいたのだけど

怒られた。

やっぱり、噂通り怖い先生なんだ。

近づくのはやめよう・・・


そして、次の日

この先生には、近づいちゃいけない・・・

って思い離れていたら、

先生から声をかけてかけてくれた。


「君は、お父さんいないの?」


うなずくのと一緒に泣きそうになった。

泣かなかったけど、先生には泣いたようにみえたに違いない・・


「そうかあ・・」


先生の表情は今も覚えてる。


それから数日たって、また先生が話しかけてきた。


「君の家は駅の側なんだって。

帰るときに家に寄るから、お母さんに伝えておいてね。」


「はい」とは言ったけど、

まさかほんとに来るわけないや


と思ったので

母に伝えなかった。


夕方、そんな会話も忘れた頃、


「こんばんはー!」と玄関から声が聞こえた。

「はーい!」といって行くと

そこに先生が立っていた。


びっくりして居間に戻り、

母に「Y先生がきてる!」

と伝えたら、母も驚いて玄関にいる先生と話し始めた。


先生「帰りに寄るって伝えておいてって言っておいたんですけどね」

母[言われてたの?]

私「うん」

母「何でちゃんと言わないの」

私「だって、ほんとに来るって思わなかったもん」

先生「そうだよな。ほんとに来るって思わないよな。

   今日はこれで失礼します。駅に近いのでまたよらせてください。」



それから、先生はちょこちょこ家に遊びに来るようになった。

2年間私の担任だった間に、何回来てくれただろう。

10回や20回ではない。もっとだ。

8時か9時ぐらいまで一緒にいてくれて、

晩ご飯を食べながら、いろいろな話をしてくれた。


父がいなくなってから、どこか暗くてしんみりした食卓が

先生が来た日は太陽みたいに明るくなった。


先生は私のアイドル。

先生の授業は面白くて大好きだった。

特に国語の授業は先生の得意分野。

もちろん学級も明るくて活発で、毎日が楽しかった。

登校拒否という言葉があるけど、

私は間違いなく、下校拒否児だ。

まあー家にいても面白くないというのもあったのだろうけど、

毎日、どっぷり日が暮れるまで、

友達と回旋塔で遊んだり、追いかけっこしたり

遊びまくっっていた。


そんな小学校に日々の記憶にはいつもY先生がいる。

思い出深い日々。

それが、9歳・・・


「9才の時なにがあった?」


人生を左右する先生との出会いだ!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0