So-net無料ブログ作成

穴八幡宮 [運]

C360_2016-01-30-15-50-50-109.jpg

東京早稲田の穴八幡宮に行ってまいりました。

こちらの神社は、金運アップ・商売繁盛の「一陽来復」のお守りで有名です。

毎年、冬至から節分の期間だけお守りをいただけるとあって

冬至の日は、大行列となるようです。 

C360_2016-01-30-15-27-22-044.jpg
 
お札の貼り方にも決まりがあり、
 
部屋にお祀りできるのは冬至、大みそか、節分の三日間だけ、
 
しかも夜中の12時にその年の恵方の方角に向くように
 
部屋のできるだけ高いところに貼るのがしきたりです。 
 
知人が、このお守りのご利益に違いないと本人は言ってるのだけど、
 
昨年ある日、実家に
 
「自動販売機を置かせてほしい」という業者がやってきたので快諾。
 
自動販売機3台置かせてあげただけで、
 
月々15万の収入を得るようになったという話です。
 
いいなあ~、というわけで、私も行ってきました。
 
今年は、あと節分しか残ってませんので、
 
逃すわけにはいきません。 
 
夜中の12時。必ず貼ります!
 
楽しみ~[るんるん] 
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

言葉は光 [今日の一言]

  a0960_006018.jpg
 
 
  指先の宇宙 
 
ぼくが光と音を失ったとき
そこには言葉がなかった
そして世界がなかった
ぼくは闇の静寂の中
ただ一人言葉を無くして座っていた
ぼくの指に君の指が触れたとき
そこに言葉が生まれた
言葉は光を放ち、メロディを呼び起こし
ぼくが指先を通して君とコミュニケートするとき
そこに新たな宇宙が生まれ
ぼくは再び世界を発見した 
コミュニケーションは僕の命
ぼくの命はいつも言葉とともにある 
指先の宇宙で
紡ぎだされた言葉とともに 
 
(東京大学教授 福島 智) 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

致知出版「新春特別講演会」 [日々の出来事]

FB_IMG_1453642831842.jpg
 
致知出版主催の新春特別講演会に行ってきました。
日本中から1200人も集まる大講演会。
 
ご講話のお一人目は、東京大学教授、福島智先生。
なんと全盲ろう。盲ろう者で、常勤大学教授は世界初なのだとか。
真っ暗な世界で生きておられる先生の、光の言葉は大きな感動。
 
お二人目は、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 兼CEO 樋口武男先生。
大和ハウス、すごい会社でした… 
 
 最後が、致知出版社長兼編集長の藤尾秀昭先生。
小品で読みやすく、かつ感動いっぱいの本。
ご挨拶してお名刺をいただいてきました[るんるん]
続編もぜひ刊行してください!とお願いしました。 
 
講演会の後は立食パーティもあり、写真撮影もあり、
お土産までいただき(なんと新刊!「小さな修養論2」) 
充実した時間を過ごさせていただきました。
 
1453652280753.jpg 
 
人間力の高い方のパワーに触れる機会は大切にしたいと思っているので、
また機会があれば、参加しようと思います。 
 
1453652298815.jpg 
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

杉原千畝 [日々の出来事]

1453314004718.jpg
 
始まって5分で泣きたくなる映画。
日本外務省の誇る腕利き外交官。
それゆえソビエトに疎まれ
「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)に
日本で初めて指定されるほどの人物。
リトアニアに赴任した彼は、ナチスに弾圧されたユダヤ人を助けるために
外務省に指示に逆らって、ビザを書き続け、6000人の命を助けた。 
戦後帰国した杉原さんは、このことによって突然、外務省を解雇。
その後外務省は40年以上も、杉原外交官の存在さえも抹殺したような扱いをしたと聞く。
劣悪極まる当時の環境の中で、苦悶しながらも善を貫く杉原外交官の姿に感動。 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

わたしはマララ [日々の出来事]

1453135185492.jpg

昔、アフガンはイギリスに攻められた。

戦士たちは戦ったが、敵の攻撃の前に劣勢となり

戦場を離れる者が続出し窮地に立った。

その時、ある少女が戦士たちを鼓舞した。

「百年奴隷として生きるよりも、1日を獅子として生きよ!」

少女の言葉に勇気を取り戻した戦士たちは

再び戦いに臨み、勝利を得た。

しかし、その勇敢な少女は敵の弾丸によって命を絶たれた。

少女の名は、マラライ。

伝説の少女の名を、父は自分の娘に名付けた。

報道で見るパキスタンは危険な紛争地域だけれど

マララさんの目に映るパキスタンは、どこまでも美しい楽園。

彼女と彼女の父の生き方と考え方に触れられる素晴らしい映画でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無事帰還 [旅]

1452726350780.jpg
夕焼けまで最高。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

今日も最高の眺め! [旅]

1452670278877.jpg
晴天!
かなたに雲海とアルプス。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

自然は素晴らしい! [旅]

1452574684864.jpg
素晴らしい頂上からの眺め。
雲海です。
1452574696193.jpg
1452574706287.jpg
ホテルは何度お世話になったかわかりません。
いつものホテル。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

雪国 [旅]

1452495856187.jpg
暖冬でいつもの 4分の1しか雪がないのだそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

今日から [旅]

1452465374315.jpg
3日間長野にいきます。太陽はパワフルね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog